Menu

窓リフォームの新しい工法 | 藤沢市、茅ケ崎市のリフォーム、修繕、防音工事なら株式会社アルコへ

  • tel:0466-41-9805
  • お問い合わせ

tel:0466-41-9805

スタッフブログ

窓リフォームの新しい工法

公開日:2015年10月14日(水)

おはようございます。
今日も藤沢市はいい天気です!
だいぶ空気が乾燥してきていますので皆様風邪にはご注意ください。
なんと今年はすでにインフルエンザも流行り始めているらしく、私の友達はすでに罹患したとのことです。
手洗い・うがい・マスクそして加湿器で予防しましょう!

そんな本日は窓リフォームの新しい形についてご紹介したいと思います。

木造住宅で窓を交換する際には既存のサッシを取り外して、新たなサッシを取り付けるという方法が一般的です。
しかし既存のサッシを取り外す場合どうしても内装・外装を傷つけることになります。
そのため内装・外装の補修工事が必要となり、工事金額が高くなる要因になっていました。

そこで生み出されたのが「スマートカバー工法」です。

既存の枠の上に新たなサッシを取り付ける工法のため、外壁内壁を傷つけることなく工事が可能です。

工事費が安くなるのはもちろん、工事期間も短く済みます。
ペアガラスやトリプルガラスの窓に変えれば断熱性能や遮音性も上がり快適な室内空間が実現します。

結露もしにくくなりますので、朝窓周りがビショビショといった悩みからも解放されますよ。
結露対策につきましては以前お話させていただいた内窓の取付もおススメですので、よろしければ是非お読みください。

メリットの多いスマートカバー工法ですが、デメリットもあります。

デメリット1

既存の枠の内側に新しい窓を取り付けるため開口部の面積が小さくなります。

デメリット2

既存の枠を新しい枠でカバーするため額縁が大きくなります。

窓 交換 スマートカバー工法 リフォーム 藤沢

 

窓 交換 スマートカバー工法 リフォーム 藤沢

↑スマートカバー工法を行った交換後のイメージ

費用を抑えて短い期間で工事を行いたいならスマートカバー工法、費用が高くなっても既存の窓に近い形で交換したい方は従来の工法をおススメします。

皆様のニーズに合わせた工法をおススメさせていただきますので、気になる方は是非お気軽にご相談ください。

匿名での相談も受け付けております。

建築リフォーム匿名相談 藤沢 アルコ