Menu

様々な床材~畳編~ | 藤沢市、茅ケ崎市のリフォーム、修繕、防音工事なら株式会社アルコへ

  • tel:0466-41-9805
  • お問い合わせ

tel:0466-41-9805

スタッフブログ

様々な床材~畳編~

公開日:2015年11月18日(水)

こんにちは。
藤沢市は午前中は晴れていましたが、午後から雨模様です。
本日は和室に欠かせない畳について書いていきたいと思います。
畳はフローリングなどに比べ断熱性や吸湿性が高く冬場はあたたかく、夏場はさらりと快適に過ごすことが出来る魅力的な床材です。
また弾力性があり転んだ時の衝撃を和らげてくれたり、足音などを吸収してくれる消音効果にも優れています。
最近ではフローリングの一部を畳にして和モダンな空間をつくる方も増えています。

畳 フローリング 藤沢

畳は畳表(ゴザ)と畳床(心材)で構成されています。

畳床は以前はワラでできているものが主流でしたが、現在ではポリスチレンフォームなどの建築用建材を使用したものが主流になっています。

ワラに比べ軽量でダニの問題も少なく値段も安いため様々な場所で使用されています。

 【畳の交換方法と費用の目安】
畳の交換方法には3つの方法があります。

(1)畳を全部新しく交換する【新畳】 6帖75,000円~(古い畳の処分費10,000円程度追加でかかります)
(2)畳の表面(ゴザ)だけを交換する【表替え】6帖 41,000円~

(3)表面(ゴザ)を裏返して張りなおす【裏返し】 6帖:27,000円~

使用頻度や環境にもよりますが、1~2年以内なら【裏返し】、10年以内なら【表替え】、10年を目途に【新畳】を検討するとよろしいかと思います。

 【畳の種類】

畳表に使われるイ草には中国産と国産があります。
基本的に値段は中国産のほうが安いですが、国産のほうがイ草の質が良く持ちがいいです。

畳

最近では畳の短所であるダニやカビが発生しやすかったり、毛羽立ちや紫外線による変色を克服する為、イ草を使用しない畳も開発されています。

大建工業の【健やかおもて】は和紙をこよりにして畳表にしています。

通常の畳に比べ変色しにくく、カビも生えにくいです。水等や摩擦にも強い仕様になっています。
畳独特のイ草のいい香りはしませんが、小さなお子様やペットがいるご家庭などには重宝すると思います。

またカラーも豊富なため洋室とのコーディネートもしやすいです。
縁なしの新畳6帖で150,000円程度と費用は高めですが、通常の畳より長持ちするので長い目で見れば費用対効果はいいと思います。

畳 カラー 色々 藤沢市

好きな場所に手軽に和の空間を作れる置畳タイプもあります。
リビングなどに和の空間を取り入れてみるのも面白いかもしれませんね。

置き畳 藤沢

積水成型工業の【美草】は耐久性に優れるポリプロピレンと、天然の風合いを醸し出す無機材料(吸湿性炭酸カルシウム)を配合して作られている畳表です。
大建工業の健やかおもてと同じく変色しにくく、カビも生えにくいです。水等や摩擦にも強い仕様になっています。
色も豊富ですし費用も同じくらいです。

【畳の形】

畳 形 

標準的な縁がある長方形のものの他、最近では縁の無い正方形の畳が人気です。
色の違うものを市松模様に組み合わせてる等、洋室ともマッチする畳の使い方が増えています。

【琉球畳について】

縁の無い正方形の畳を琉球畳だと思われている方が多いですが、本来はカヤツリグサ科の七島いと言われるい草を使って織られた畳表のことをいいます。

現在大分でしか栽培されておらず、しかも琉球畳は手織りで作られるため生産量は少なくなっています。
琉球畳のほか大分青表とも呼ばれています。
琉球畳は摩擦に強く、弾力があり柔道畳にも使用されていました。

新しい琉球畳は表面が毛羽立っています。使っているうちに毛羽立ちが取れ、柔らかくなり独特の艶が出て味わい深いものになります。

使いはじめは表面が毛羽立っているためストッキングなどが伝線する場合もあります。
本物の琉球畳と縁なし正方形の畳(琉球風畳)は価格が倍近く違います。

琉球畳独特の風合いが欲しい場合以外は、縁なし正方形の琉球畳風の畳をおススメします。

いかがだったでしょうか?
日本の伝統的な床材である畳も日々進化しています。
お気に入りの和の空間を作る際の参考にしていただければ幸いです。 

分からないことがあればお気軽にご相談ください。
匿名でのご相談も受け付けております。 

 建築リフォーム匿名相談 藤沢 アルコ