Menu

介護リフォーム | 藤沢市、茅ケ崎市のリフォーム、修繕、防音工事なら株式会社アルコへ

  • tel:0466-41-9805
  • お問い合わせ

tel:0466-41-9805

介護リフォーム 藤沢

【介護する人】と【介護される人】誰もが快適に生活できる住まい作りを提案させていただきます。
家の中や日常生活に不便さ、不自由さを感じたら介護(バリアフリー)リフォームを行うときです。
実際に切羽詰った状況になってからの工事は負担が大きいです。
自分がいつまでも自立した生活を送れるように、そして介護が必要になった時に介護を行う人の負担が少しでも軽減できるように自分の住む家を確認してみてはいかがでしょうか?
何から始めればいいのか分からない方まずは以下の3つのポイントをチェックしましょう!

① 段差の解消

介護リフォーム 段差解消 藤沢大きな段差より小さな段差に危険が潜んでいます。
玄関の上がりかまちなどの大きな段差は意識が働くので、何気に大きな事故にはつながりにくいのですが、部屋と廊下の間にある小さな段差は意識が向かないうえ筋力の低下によって足を上げているつもりでも実際は上がっておらず転倒して骨折するなどの大きな事故につながる場合が多いです。
 
また段差の多い家は高齢者でなくともつまずき転倒する可能性が高いです。
段差解消というと既存の床を解体する大規模な工事になると考えている方が多いですが、各ご家庭の間取りによりますが6mm等の薄いフローリング材を既存のフローリングの上に張る等の比較的簡単な方法で解消できる場合もございます。
暮らす家族はもちろん訪問した方などすべての方が安心して歩けるよう少しでも気になった場合はお気軽にお問合せ下さい。

② 手摺の設置

介護リフォーム 手すり取付 トイレ 段差解消と違い健康なうちに取り付けるのはおススメしません。
廊下などは通路幅が狭まり逆に邪魔になることがあります。
またトイレなどでは健康な時に右側に設置したが、年をとったら実際には左側に手すりが必要になったということもよくあります。『壁に掴まって歩くことが増えた』『トイレの立ち座りが不安定になってきた』こんな風に感じることが増えたタイミングで必要な個所に手すりを設置するのがおススメです。
 
手すりの設置には下地が必要です。【壁下地についてはコチラも合わせてご覧ください】
内装工事(クロスの張替)等をすることがあれば少しお金はかかりますが将来手すりが必要になりそうなところに下地を入れて準備をしておくのもいいと思います。

③ 広い建具・廊下への変更

介護リフォーム 開き戸を引戸へ健康な時は特に不自由を感じない広さであっても、車いすや介護者の付き添いが必要になったときに狭くて適さない場合が多々あります。
廊下の幅を広げることは大規模な工事が必要になり現実的に難しいことが多いですが、建具の開口幅を変えることは比較的簡単に行うことができます。
 
またトイレ・洗面などの狭い空間で扉が内開きになっていると中で倒れた際などに扉が開かず救出できない危険性が高いため外開きへ変更することをおススメします。
扉横に壁があれば引き戸へ変更することもできます。
開戸では介助が必要だった方が引き戸に変更したら一人でトイレを利用することが出来るようになった等のケースもあります。
少しでも気になりましたら是非ご相談ください。

介護保険制度で補助金が受けられます

介護保険の要介護認定を受けた方は、上記でご紹介した段差解消等の住宅改修費が最大20万円まで支給されます。
ただし、かかった費用の1割又は2割は自己負担となります。
他にも対象となる工事はございます。対象になる詳しい工事内容は弊社又にお気軽にご相談ください。
また弊社は藤沢市・茅ヶ崎市の受託委任払い登録業者です。
補助金は市から直接弊社へ支払われますので、自己負担以外の工事費を補助金が支給されるまで立て替える必要などはございません。
補助金の申請等の手続きも弊社でご説明させていただきますので安心してお任せください。

建築と介護2つの視点から最適な住環境をご提案いたします

furo弊社は訪問入浴介護サービス会社の湘南福祉サービスさんのパートナー
会社です。
建築と介護の2つの視点からよりよい住環境の提案に日々努めています。
 
有限会社湘南福祉サービス
藤沢市本町4-7-28
神奈川県知事許可 1472200276